数日間だけお金を借りる

数日間だけお金を借りるという場合、まず頭に浮かぶのはキャッシングです。キャッシングのメリットについては、使いたい時にすぐ利用できるところにあります。キャッシングはそもそも、金利が高く設定されている一方で、消費者金融などでは特に、審査が易しく、主婦や学生でも簡単に借りられます。

これはつまり、キャッシングはそもそも、短期間でのお金の貸し借りを前提としたサービスということを表しています。このように考えると、金利の高さも納得であり、短期間で返済できるめどがあれば、金利もそれほど気にならないとわかるでしょう。キャッシングの金利は高いと言うイメージがありますが、キャッシングサービスの金利については日割りで計算されます。つまり、実際の金利額、平均で10%前後ですが、借りたお金にその割合を掛けた上で、それを365で割り、返済日までの期間を掛けます。実際に支払う金利の額は、非常に小さいことはなんとなくイメージできるでしょう。例えば、金利15%でも、10万円を7日間ほど借りるくらいならば、まずは一年での金利については1万5千円、さらにそれを日割りすることで、一年は51週であるので、1万5千割る50で300円ほどです。

一週間後に返済する際、このたった300円を追加するだけでいいのです。このように具体的な数字を見ると、金利はイメージよりも低くなり、特に数日間の利用ならばほとんど支払わなくていいことがわかります。即日融資可能な消費者金融でも、これくらいの金利ですから、緊急時の借り入れ先として考えておくのもいいでしょう。