パート主婦が借り入れする際の注意点

パート主婦でも、金融機関から借り入れの申し込みをすることは可能です。正社員として働いていないので、金融機関によっては審査に通りにくくなることはありますが、近年では雇用形態も多様化していて、フルタイムと同じ時間で働いていても雇用形態がパートやアルバイト、人材派遣や契約社員など幅広くなっているため、金融機関でも雇用形態に関わらず、収入が安定していれば審査に通りやすい商品もたくさんラインナップしています。

パート主婦が借り入れする場合には、ポイントを抑えた借り方をすることで、イライラしたりストレスをためることなくスムーズに借りやすくなります。まず商品選びですが、借入商品はそれぞれ借り入れ条件が異なっているので、パートでも審査に通りやすい商品を選ぶことが必要です。正社員でなければ審査に通らないものや、一定基準の安定収入がなければ借りられないような商品は、パート主婦がいくら応募していても、審査に通る可能性は低いですし、手間と時間の無駄になりかねません。商品選びをしっかりすることで、審査に通りやすい商品で確実に借りることができます。ちなみに即日融資可能な商品やレディース向けの商品なら、審査基準が比較的緩くなっていることが多いので、主婦でも審査に通りやすくなります。中でも、即日融資可能な商品だと、申込んだその日のうちにお金を借りることができますし、レディース向けの商品だと金利面でかなり優遇されていることが多いので、お得に借りることが可能です。

パート主婦が借り入れする場合、配偶者にはばれたくないという人は多いものです。旦那バレしてしまうのは、主に自宅に郵便物が届いたり、電話がかかってくることでばれることが多いのですが、申込み方を工夫することでそれらは回避できます。まず、自宅へ郵便物が届かないようにするためには、カードローンやキャッシング商品でカードが発行される場合には、自宅への郵送受け取りではなく、自動契約機で受け取ったり、店頭受け渡しなどの方法を選択すると良いでしょう。また、毎月送られてくる利用明細も、旦那バレする原因になるので、この場合には明細はWEB受け取りを指定することによって、郵便物では送られてこなくなります。

パート主婦の場合には、旦那の同意があればまとまった金額を借りることも可能です。この場合、旦那が連帯保証人となって借りることになるため、旦那の収入証明書が必要になったり、旦那の勤務先へ在籍確認の電話が行くため、旦那に内緒で借りたいという人には適していません。