優良大手消費者金融のレディースローン

レディースローンでお金を借りるなら、金利面でも優遇されていて専業主婦や兼業主婦でも審査に通りやすい、大手消費者金融会社のものがおすすめです。大手消費者金融会社は、銀行のネットワーク傘下に入っていることも多く、優良業者として安心して借りられますし、金利面でも合法的に設定されているので、初めて借りる人にとっても大きな安心感になります。また、消費者金融系は銀行系よりも審査基準が緩めに設定されていますし、レディースローンなら専業主婦や兼業主婦なども対象としているので、収入が安定していなくても審査に通りやすく工夫されていることが多いものです。一般向けの借り入れでは、何を申し込んでも審査落ちしてしまうという人でも、女性を対象にしたレディースローンなら、審査内容もさらに通りやすく、審査に通る可能性は高いと言えるのではないでしょうか。

ただし、優良大手の消費者金融を利用する際には、いくつかの注意点があります。まず、大手消費者金融では総量規制に加え、3社ルールと言う独自のルールがあり、他社からも借入をしている人にとっては、仮審査で落ちてしまう可能性があるので注意しなければいけません。3社ルールと言うのは貸金業法で決められているものではありませんが、多重債務者のリスクを抑えるという目的で大手業者が共通して慣行しているルールとなっています。3社までの借り入れはOKでも、それ以上は審査落ちするという決まりなので、すでに3社から借入れをしている場合には、おまとめローンとして一つにまとめるか、残高が少ないものは完済して口座を解約するなどの対策が必要となります。

また、融資額が少額の借入なら身分証明書以外の必要書類は不要になっているレディースローンが多いのですが、まとまった金額を借りる場合には、収入証明書の提出が必要になることもあるので注意しましょう。1社からの借入額が50万円を超える場合、もしくは他社からの借り入れも含めた合計が100万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要となり、職場で受け取る源泉徴収票や給料明細などが必要となります。専業主婦や兼業主婦の場合には、そこまでまとまった金額を借りることは少ないものですが、安定した収入がある女性でまとまった金額を借りなければいけない場合には、提出する書類が多くなるので、あらかじめ準備しておきたいものです。

優良大手の消費者金融で審査に通らない場合には、中小規模の消費者金融に申し込みするという選択肢があります。優良業者を見つけるためには、まず最初に口コミやレビューなどを参考にしたり、貸金業登録番号を確認するなど、下調べをした上で申込みを行うのがおすすめです。