女性の緊急キャッシングおすすめはコレ

今すぐにお金が必要になった場合には、できるだけ審査が緩くて借りやすい金融機関を選ぶことが必要です。銀行に預貯金を持っている人は、必要書類不要でキャッシングを利用できることもありますが、新規に申し込む場合には消費者金融の方が収入や職業に関わらず審査に通りやすいようです。まず、パートをしていて収入が定期的にある人や、他社からの借入れが一切ない人の場合には、テレビCMなどでもおなじみの、大手消費者金融の即日融資可能なレディース商品に申し込んでみると良いでしょう。専業主婦でも借りられる商品はたくさんありますし、申込んでからお金を借りるまでにかかる時間が短く、即日で融資してもらえる商品が狙い目です。

他社からの借り入れがある場合には、大手消費者金融では審査に通りにくくなってしまいます。大手消費者金融では、総量規制に加え、3社ルールと言うものがあり、これは貸金業法によって定められている決まりではありませんが、すでに3社から借り入れをしている場合には、多重債務者のリスクが高いということで、申し込みしても審査落ちするのが一般的です。そのため、すでに3社から借りてしまっている場合には、大手の消費者金融ではなく中小規模の消費者金融を当たってみると良いでしょう。中小規模の業社だと、他社からの借り入れが3社でも審査には通る可能性が高いですし、他社からの借り入れ合計が7社ぐらいにならない限りは、他社からの借り入れがキャッシング審査に影響することは少ないようです。

規模の小さな消費者金融の中には、優良な所もあれば闇金などもあり、初めて借りる人にとっては分かりにくいかもしれませんが、見分けるポイントとしては、貸金業登録がされているかどうか、インターネットのWEBサイトや店内に登録番号が明記されているかどうか、と言う見分け方があります。正規の貸金業者であればあるはずの登録番号がWEBサイトや店舗内で見つからない場合には、その業者は不当に貸金を営んでいる闇金の可能性が高いので、できるだけ関わらないようにしたほうが得策です。不法に借りたお金は、金利も不法に高かったりして利息ばかり支払うことになり元金を返済できなかったり、少しでも返済が遅れてしまったりすると、不法な方法で取り立てが行われることもあります。トラブルに巻き込まれてからでは遅いですから、借りる前にそうした点はよくチェックして、トラブルの原因を作らないようにしたいものです。

また、借りる際には計画的に返済できる金額のみを借りるようにしましょう。緊急で切迫した状況だと、とにかく貸してくれる所を探してしまいますが、借りた後には返済が待っていることを忘れてはいけません。