住民税未払い分をレディースローンで借りる

住民税は税金の一つで、地方自治体から課税されるものです。この税金はとても厄介なもので、前年度の所得に対して課税されるので、仕事を退職したり失業したりして現在は収入がなくても、前年度に収入があると容赦なく住民税の納付書が自宅に郵送されてきます。請求額を見たとたんに心臓がバクバク言ってしまうほどの金額と言うことも少なくなく、払いたくてもお金がなくて払えないということも実はとても多いのです。

税金はどんなものでも、滞納するのはいけません。しかし、支払いたくてもない袖は振れませんから、どうにか対策をとるしかありません。まず最初にしたいのは、払えない場合には役所に納税書を持参し、事情を話して分割払いにしてもらうという方法がおすすめです。分割払いにしてもらうことによって、マイペースで少しずつ支払うことができますし、延滞料なども免除してくれることが多いので、最終的には正直に事情を話してよかったと感じる人も多いようです。

特別な理由があるわけでない場合や、分割払いが認められない場合などには、滞納が続くと資産の差し押さえなどの強硬手段を取られてしまう前に、お金を調達しなければいけません。その場合には、銀行や消費者金融などから借り入れる方法が便利ですが、銀行の場合には、住民税滞納があると審査に通らない可能性もあるので注意しましょう。消費者金融なら、銀行よりも審査基準が緩いので借りやすいですし、滞納期間が続き住民税に延滞金がどんどん上乗せされる前にサッと支払って問題を解決することができます。

住民税未払い分を借りる場合には、まずいくら必要なのかを計算して、その金額を借りられる商品を探すことから始めましょう。借り入れ商品の中には、医療ローンや教育ローンのように目的が決まっている借り入れもありますが、税金滞納分の借り入れができるローンはないので、使用目的が制限されていないカードローンやキャッシング商品が対象となります。

住民税を未払いし続けるよりも、金融機関からレディースローンとして借りることには、たくさんのメリットがあります。まず、税金滞納者になってしまうと、資産差し押さえのリスクが高くなるという点と、税金の滞納にはかなり高い金利で利息がかかります。しかし、レディースローンを利用して借り入れた分で一括納付してしまうことによって、そうした高金利での利息から免れることができますし、レディースローンなら金利面でも他の借り入れ商品よりも優遇されていることが多いので、利息の節約にもつながります。