ショッピング枠とキャッシング枠とは

普段はクレジットカードで支払いをしている人は、あまりまとまった現金を持ち歩かないことが多いものです。普段の支払いはクレジットカードでOKでも、急に現金が必要になってしまったりすると困ります。急に現金が必要になった場合には、クレジットカードを持つ人なら、カードに付帯されているキャッシング機能を使う方法が便利です。クレジットカードの多くには、キャッシング機能が付帯されていて、キャッシングの上限までなら銀行のATMなどを使ってお金を借りることができます。新たに借り入れを申し込む必要はありませんし、審査に行われるわけでもないので、新しく借り入れを申し込むのが面倒な人や、借入商品に不安がある人にとっては、普段から使い慣れているクレジットカードのキャッシングを利用することは、便利と言うだけでなく大きな安心感にもつながります。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が設けられています。ショッピング枠と言うのは、ショッピングの支払いをする時にカード払いをすることで、キャッシング枠と言うのはATMを使って現金を借りるというものです。どちらの場合でも、基本的には翌月一括払いになる点が借入専用の商品と大きく異なる点ですが、場合によってはショッピング枠もキャッシング枠も返済をリボ払いにすることができるので、一括返済が無理な場合には相談してみると良いでしょう。一括払いをリボ払いに変更する方法は、最近ではクレジットカードのWEBサイトから自分で都合に合わせて変更できるようになっています。翌月一括払いの場合には利息などはかかりませんが、リボ払いにすると利息が発生するので、完済までに支払う返済額は高くなってしまいます。

適用金利については、クレジットカードに付帯しているキャッシングは、金利が少し高めになっているものが多いようです。ショッピング枠よりもキャッシング枠の方が金利が高いのは一般的ですし、消費者金融や銀行などからカードローンやキャッシング商品を利用する際に適用される金利よりも、カードに付帯されているキャッシング機能を使った場合の方が、金利は高めになっていることが多いものです。翌月一括返済できる場合には、金利が高くても関係ありませんが。返済に期間がかかってしまいそうな場合には、金融機関で借り入れ商品を新たに申し込んだほうがお得になることもあります。また、カード付帯のキャッシング枠では、借入可能な上限は小さく設定されていることが多いのですが、主婦でも借りることができるので、場合によってはとても便利な機能と言えるでしょう。


クレジットカード現金化は危険
街を歩いていたり、インターネット上に表示される広告を見ていると、クレジットカード現金化やショッピング枠現金化といった表現を目にすることがあるかも知れません。これらは簡単に言うとクレジットカードで決済した商品をクレジットカード現金化業者が買い取るというものです。こう聞くとクレジットカードさえあればすぐに現金が得られると感じられるかも知れませんが、これは非常に危険です。商品を業者が買い取るのですが、当然ながら商品の購入価格以上の現金を得ることは出来ず、70%から90%程度になります。例えば業者で10万円の商品を買い、8万円を受け取ることが出来たとします。クレジットカード決済は翌月一括返済ですので8万円を借りて翌月に10万円を返済するというように考えられます。これを計算しますと1ヶ月で25%の金利が付いたことになり、年間で考えると300%になります。消費者金融などで借入を行うよりはるかに高い金利になってしまうのです。

そして、そもそもクレジットカード会社は現金化・換金目的でのカード使用を認めていません。利用者が現金化利用をしているということをカード会社が知った場合、利用停止措置や場合によってはそのクレジットカード会社を二度と利用できなくなる可能性もあります。